知らなきゃ大損するゴミのこと

玩具の処分は捨てる以外に寄付という選択肢もある

子供の成長には玩具は必要不可欠ですが、成長するにつれて不要なものとなっていきます。子供から「捨ててほしくない」とせがまれたり、親自身も思い入れがあるとなかなか捨てづらいものですが、大切にとっておいても使う事はありません。何でも溜め込む癖がつくと、どんどん家の中に不用品が増えていき、ゴミ屋敷化する可能性もあるため、どれだけ思い出深い玩具であってもゴミと割り切り、どんどん捨てる勇気が必要です。

ゴミ屋敷化

ちなみに玩具の捨て方ですが、例えばぬいぐるみや紙・木材で作られたものは可燃ゴミとして出せます。プラスチック製や樹脂製のものは自治体によって異なり、可燃ゴミでも可としている所もあれば、不燃ゴミとして出さなければいけない所もあります。滑り台やジャングルジムといった大型のものは粗大ゴミとなりますが、もし分解できるようであれば、小さくして可燃ゴミや不燃ゴミとして出した方が費用を抑えられます。またつい忘れがちになりますが、電池が入っているものは必ず電池を取り外し、端子部分にセロハンテープなどを貼って絶縁しておく事も大切です。

寄付団体への寄付

もし捨てるのが勿体ない、心苦しいと感じるのであれば、寄付団体への寄付という方法もあります。ただしあまりにも汚れている玩具は、受け取った先も使う事が出来ず困惑してしまいます。そもそも新品か新品同様のものしか受け入れないとしている団体も多いので、寄付したい玩具の状態を伝えた上で、受け入れ可能かを確認した方が安心です。また寄付団体に玩具を送る時は送料がかかるため、少しでも費用を抑えたいなら直接持ち込める場所へ寄付した方が良いかもしれません。主な先は保育園や児童館、養護施設などですが、こちらも持って行く前に各施設に寄付を受け付けているか確認しておきます。

寄付はゴミとして処分するより手間はかかるかもしれませんが、大切な玩具が長く使われる事になり、人の役にも立てるといったメリットもあります。