知らなきゃ大損するゴミのこと

クレジットカードや通帳など個人情報を適切に処分するには

今、クレジットカードやマイナンバーに通帳など、個人を特定できる個人情報は、大変価値の高いものになっています。ひとたび、取り扱いを誤れば、犯罪に利用されることがあるのです。個人情報の正しい管理は、個人のみならず組織においても重要ですが、今回は不要になった個人情報をどのように処分するのがよいか、その適切な方法をみていきます。というのも、個人情報は、一旦流失すると大きな問題になりかねません。ですので、まず通帳などの紙の場合、その記載内容が分からないように処分します。例えば、焼却する、シュレッダーで粉砕するなど、復元が不可能な形で処分を行います。通帳の場合、住所、氏名、届出印などは油性のマジックなどで一度塗りつぶしてから、シュレッダーにかけます。

個人情報を適切に処分する方法

通帳の届出印は、判別可能な状態で捨てると悪用されるケースがあります。シュレッダーがない時は、入念にはさみで細かく切った上で処分するとよいでしょう。また、使用しなくなったクレジットカードは、家のごみ箱に捨ててしまう人も多いですが、不正利用されるケースが増えているので、正しい処分方法を理解しておくことが大切です。1つ目は、クレジットカードをできるだけはさみで細かく切ることです。特に、個人が特定されてしまう部分(名前、有効期限、会員番号など)を意識しながら切り刻みます。はさみでわずかな箇所だけ切っただけだと、接着剤などで貼り付ければ使える可能性が出てくるからです。

個人情報が漏洩するリスク

最近は、プラスチックを切り刻むことのできるシュレッダーもありますので、そちらを使えばより安心です。そして、切り刻んだクレジットカードは一度に捨てるのではなく、何回かにわけて捨てましょう。というのも、一度にまとめて捨てた際、それらを復元して不正利用される可能性もあるからです。家庭のごみから出る個人情報が漏洩するリスクは少なくありません。しかも、どのような形で人に伝わるか分からないので、細心の注意が必要です。